5日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが2015年3月以来の安値から反発。イタリア国民投票で憲法改正案が否決されたものの、影響は短期的なものにとどまった。

  イタリア国民投票の結果を受けてレンツィ首相が辞意を表明したとの報道に反応し、ユーロは一時下げたものの、その後戻し、主要16通貨の大半に対して上昇。国民投票の最終結果によると、レンツィ首相が推進した憲法改正案は59.1%対40.9%で否決された。

  ダンスケ銀行のチーフアナリスト、イェンス・ペーター・セーレンセン氏は「今回の国民投票では広く否決が予想されていたことから、動きは抑えられた」と分析。その上で、「私はこの状況について楽観していない。ユーロにとって非常に明るいサインとは見ていない。ユーロ圏の大国の一つが政治的混乱に陥っているためだ」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロはドルに対し前週末比0.9%高の1ユーロ=1.0764ドル。イタリア国民投票の結果が明らかになった後には1.0506ドルと、2015年3月以来の安値に下げる場面もあった。

  ドルは円に対し0.3%高の1ドル=113円85銭。一時は114円78銭まで上げた。

  クレディ・アグリコルのストラテジスト、マニュエル・オリベリ氏とバレンティン・マリノフ氏はリポートで、国民投票後のユーロの下げは短期的なものにとどまったと指摘。国民投票の結果からは解散・総選挙は示唆されず、イタリアをめぐる不確実性が一段と強まる可能性は低いと分析した。

原題:Euro Climbs From 20-Month Low as Italy ‘No’ Vote Reaction Fades(抜粋)
原題:INSIDE G-10: Euro Rebounds Off 20-Mo. Low; Referendum Hit Fades(抜粋)
原題:Buy EUR/USD as Italy Vote Skews to EUR Upside, CA Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE