ウォール街の調査リポートが変わりつつある。

  あまり読まれない日々のマーケットリポートに代わって、バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの世界調査責任者、キャンデス・ブラウニング氏は大きな文字でテーマを掲げ、読者の目を引く見出しを売り物にしようとしている。700人近い部下のアナリスト軍団に同氏が特に求めるのは大胆な予想をすることだ。

  しかし、これには条件がある。大胆なだけではなく正しい予想でなければならない。予想が何回も外れればアナリストは職を失う。「意味のあるリポートは独創的でリターンを生み出す着想が含まれていなければならない」とブラウニング氏はインタビューで語った。「顧客が既に知っている以外のことを伝えなければ駄目だ」という。

ウォール街を歩く人々
ウォール街を歩く人々
Photographer: John Taggart/Bloomberg

  個性も重要だ。例えばBofAのデービッド・ウー氏は、ドルと人民元の為替相場をうまくいかない結婚にたとえた。ソシエテ・ジェネラルのキット・ジャックス氏はリポートの中にボブ・ディラン氏の歌詞やラテン語のことわざをちりばめることで有名だ。クレディ・スイス・グループのシャハブ・ジャリヌース氏は日本銀行の政策分析にラップ歌手、ノトーリアスB.I.G.の歌詞を入れた。

  2008年以降、大手銀行の職が50万人以上失われる中で、調査アナリストらは先見性があると同時に印象に残るリポートで自らの価値を示さなければならない。

  BofAでは大勢と違う予想を打ち出そうという努力が、外為・金利・新興市場ストラテジストのウー氏のリポートに表れている。同氏は2015年11月の「偉大なる離婚」というリポートで、人民元が16年にドルに対して最大10%下落すると予想した。オンショア人民元は以来、7%以上下落した。

原題:Boring Wall Street Analyst Notes Are Out. Bold, Funny Are In (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE