フランスのバルス首相は、5カ月後に控えた大統領選への出馬を5日夜にも表明する見通しだ。

  バルス首相はパリ時間午後6時30分に、2001年から12年まで市長を務めていたエブリー市の市庁舎で発表すると、首相府が明らかにした。政府のルフォル報道官はその後のラジオインタビューで、首相が出馬表明すると語った。同報道官によれば、これに伴いバルス首相は辞任を余儀なくされ、オランド大統領は後任を速やかに指名する。

  オランド大統領は歴代大統領の中で初めて再選を目指さない意向を示した。一方で、現職首相が大統領選で勝利した例もこれまでない。当時首相だったジャック・シラク氏が1988年、エドゥアール・バラデュール氏が1995年、リオネル・ジョスパン氏は2002年にいずれも出馬したが、大統領の座を射落とすことができなかった。

原題:French Prime Minister Valls to Declare He’ll Run for President(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE