5日のミラノ市場ではモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナやウニクレディトなどイタリアの銀行株が下落。国民投票で憲法改正が否決され、レンツィ首相は辞意を表明。増資の計画に黄信号がともった。

  モンテ・パスキは増資について計画通りに進めるかどうかを数日以内に決定すると、事情に詳しい関係者が匿名を条件に述べた。同行幹部と5日に会談した引き受け業者らはアンカー投資家からの確約を待っている状態で、投資家はイタリアの政情を見極めようとしているという。モンテ・パスキの広報担当者はコメントを控えた。

  ミラノ時間午後5時24分現在、ウニクレディト株は2.9%安。モンテ・パスキは一時7.5%安まで売られた後、4.2%安となった。

原題:Monte Paschi Leads Italian Banks Lower After Referendum Defeat(抜粋)
Italian Bank Shares Slump as Renzi Loss Adds to Uncertainty (2)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE