香港取引所CEO:IPOや債券で本土接続も-深圳と株取り次ぎ開始

  • 今後はIPOや債券、商品分野での接続が実現する可能性-李CEO
  • 来年の優先課題は取引所間のETF売買システム構築-李氏

中国の上海証券取引所に続き、深圳証取とも株式注文の相互取り次ぎを5日に始めた香港取引所の李小加最高経営責任者(CEO)は、新規株式公開(IPO)や債券、商品分野での本土接続が今後実現する可能性があるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。