5日のニューヨーク金先物相場は小幅反落し、10カ月ぶりの安値付近で終了した。イタリアの政治的混乱による影響は直ちに静まり、株式などリスクの高い資産の買いが強まった。

  ハイ・リッジ・フューチャーズ(シカゴ)の金属取引担当ディレクタ ー、デービッド・メーガー氏は電話インタビューで、「債券や貴金属など安全資産の必要性は低下している」と指摘。貴金属は「こうした短期的な下落トレンドが続くだろう」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前週末比0.1%安の1オンス=1176.50ドルで終了。過去5営業日では4日目の下落となった。

原題:Gold Closes Near 10-Month Low as Investors Look Past Italy Vote(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE