米ユナイテッド、SECに2.7億円支払いで決着-便宜供与問題で

米航空持ち株会社ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスの運航路線をめぐる便宜供与問題を決着させるため、同社は米証券取引委員会(SEC)に240万ドル(約2億7300万円)を支払うことで合意した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。