りそなHD:手数料収益4割へ、次期中計-投資初心者など掘り起こし

  • 現在の27%から拡大へ、低金利の中でも稼ぐ力付ける-収益多様化
  • 低手数料ファンドラップ投入や地方と首都・関西圏のM&A助言強化

りそなホールディングスの東和浩社長は、2017年4月からスタートさせる中期経営計画(3カ年)の重要戦略の一つとして手数料収益の拡大を進める方針を示した。投資の初心者を想定した新たな金融商品の投入などにより、収益拡大につながる顧客の掘り起こしを図る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。