欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.0770   1.0664
ドル/円            113.35   113.51
ユーロ/円          122.08   121.08


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   341.27     +1.91     +.6%
英FT100      6,746.83   +16.11     +.2%
独DAX      10,684.83   +171.48   +1.6%
仏CAC40     4,574.32   +45.50    +1.0%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      -.70%       +.03
独国債10年物     +.33%       +.05
英国債10年物    +1.40%       +.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,162.20    -11.30    -.97%
原油 北海ブレント         54.97      +.51     +.94%

◎欧州株:2週ぶり大幅高-イタリア国民投票結果は織り込み済みか

5日の欧州株式相場は上昇。イタリアで改憲の是非を問う国民投票 が否決されたものの、指標のストックス欧州600指数はほぼ2週間ぶり の大きな上げを記録した。

ストックス600指数は前週末比0.6%高の341.27で終了。自動車株や 鉱業株の上げが目立った。イタリアの指標であるFTSE・MIB指数 は上下に揺れる展開の後、0.2%安で引けた。国民投票の結果を受け て、レンツィ首相は辞意を表明した。

FXCM(パリ)の市場アナリスト、シルバン・ロガナダン氏は、 「『否決』は既に織り込まれていたほか、これは欧州連合(EU)加盟 の是非を問うような市場にとって大きなリスクイベントではなかった」 とし、「出遅れ感のある欧州市場が上昇するとの見方から、押し目買い が入っている」と語った。

自動車関連株指数は4カ月ぶりの大幅高。フィアット・クライスラ ー・オートモービルズ(FCA)とルノーが買われた。

原題:European Stocks Rise as Traders Unfazed by Italian Vote Outcome(抜粋)

◎欧州債:イタリア国債、下げ幅縮める-ECB措置への期待で

5日の欧州債市場では、イタリア国債が下げ幅を縮める展開となっ た。改憲の是非を問う国民投票が否決されたことを受けて売りが優勢と なったものの、欧州中央銀行(ECB)が8日の定例政策委員会で緩和 策を維持するとの見方が広がったことが背景にある。

イタリア10年債利回りは一時、前週末から約13ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上昇した。他のユーロ参加国の10年物国債利 回りは5-9bp上昇。

原題:Treasuries Extend Drop as Service-Industry Growth Tops Estimates(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE