JERA:カタールと共同でLNG販売を検討-ネブラスとの合意受け

  • LNGの売り手、買い手が協調して需要掘り起こし
  • アジア・中東向けLNG販売を視野-信用リスクが課題

東京電力フュエル&パワーと中部電力が共同出資したJERAは、産ガス国であるカタールと共同で海外発電所向けの液化天然ガス(LNG)販売を検討している。LNG契約の柔軟性をめぐっては売り手と買い手の議論が平行線をたどる中、新たな需要の創出では両者が協調する形態を探る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。