三井物産CFO:原油価格の上値抑える恐れ、トランプ氏の政策引き金

  • 原油価格50ドル超えると米シェールオイル増産、上値は非常に重たい
  • 来期からの新中計で資源以外の分野で純利益2000億円稼ぐ体質目指す

三井物産の松原圭吾最高財務責任者(CFO)は、米国の次期大統領にドナルド・トランプ氏が決まったことについて、「エネルギー政策が原油価格に与える悪影響には懸念している」との見方を示した。シェールオイルの増産に意欲を示す同氏の政策が原油価格の上値を抑える可能性が高いとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: