サマーズ氏、トランプ氏の工場移転阻止を資本主義への脅威と批判

サマーズ元米財務長官は、ドナルド・トランプ次期米大統領がユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)とインディアナポリス工場の雇用を維持することで合意したことを批判した。このトランプ氏の介入について、米国の資本主義からの危険な逸脱行為だと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。