ドナルド・トランプ米次期大統領は、就任後に経済政策について同氏に戦略的な助言を行う組織を設立し、そのメンバーにウォール街の大物を起用した。

  プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社ブラックストーン・グループの2日発表によると、同社のスティーブ・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)が「大統領の戦略的政策フォーラム」の議長を務める。同フォーラムは来年2月にトランプ氏と会合を開始する。民主党政治家への主要献金者であるJPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOとブラックロックのローレンス・フィンクCEOもメンバーに含まれる。

  トランプ氏はブラックストーンの発表資料で「このフォーラムには、雇用創出や経済成長の促進のために何が必要かが分かっているCEOとビジネスリーダーを結集した」と説明した。

原題:Trump Turns to Schwarzman, Dimon for White House Jobs Panel (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE