NY外為(2日):ドル軟調、113円台半ば-雇用統計まだら模様

2日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円などで下落。11月の雇用統計が労働市場の強さについてまだら模様の状況を示したことから、売りが優勢になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。