サウジ中銀のシステム、イランのマルウエアの攻撃受ける-関係者

国家の支援を受けたハッカーがここ2週間にサウジアラビアのコンピューターネットワークの重要な部分に仕掛けた時限爆弾式のマルウエアにより、サウジアラビア通貨庁(SAMA、 中央銀行に相当)のシステムが被害を受けたことが分かった。現在行われている調査について説明を受けた関係者2人が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。