NY金(2日):4日ぶりに上昇、イタリア国民投票控えた不透明感で

2日のニューヨーク金先物相場は反発。イタリア国民投票を4日に控え政治的不透明感が広がる中、金は4日ぶりに上昇した。世論調査によると、国民投票では憲法改正案が否決される見通しで、その場合はレンツィ首相が辞任することになりかねない。同国では銀行の財務問題がくすぶる中、政治や市場の動揺が新たに懸念されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。