ソフトバンクグループの創業者、孫正義最高経営責任者(CEO)はサウジアラビア政府と共同設立を発表した1000億ドル(約11兆3600億円)規模のテクノロジーファンドについて、資金調達の完了が近いことを明らかにした。

  孫氏は2日にニューデリーで開催されたイベントで、「少数の投資家に話をしている。応募超過になっていると思われる」と発言。詳細には触れなかった。ニューデリーにはサウジアラビアから直行したという。

  ソフトバンクとサウジ政府系ファンドのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は10月、投資ファンドの設立を発表。このうち250億ドルをソフトバンクが、450億ドルをサウジアラビアが出資を約束。両者は残りの300億ドルについて、第三者と交渉をしてきた。

   孫氏はまた、インドでのソフトバンクの投資が10年間で100億ドルという約束を上回る見込みだと発言。「インドには新しいテクノロジー、新しい興奮がある」と述べた。

原題:SoftBank CEO Son Says $100 Billion Tech Fund ‘Oversubscribed’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE