ソフトバンク孫氏:11兆円規模ファンド、「応募超過」で調達完了近い

ソフトバンクグループの創業者、孫正義最高経営責任者(CEO)はサウジアラビア政府と共同設立を発表した1000億ドル(約11兆3600億円)規模のテクノロジーファンドについて、資金調達の完了が近いことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。