インド:金融システム内の流動性吸収で国債発行枠を大きく拡大

インド準備銀行(中央銀行)は2日、金融システム内の過剰流動性吸収を支えるプログラムの国債発行枠が大きく引き上げられたと発表した。

  中銀声明によれば、「市場安定化スキーム」での国債発行枠は6兆ルピー(約10兆円)に拡大される。今年度(2016年4月ー17年3月)は3000億ルピーに設定されていた。

原題:India Boosts Cash-Control Tool Limit 20 Times to Drain Liquidity(抜粋)