【日本株週間展望】堅調、トランプ政権への期待根強い-急伸反動も

  • ゴールドマンは17年末のTOPIX目標値を1600ポイントに上げ
  • 日経平均は1日に年初来高値、高値警戒感出やすい

12月第1週(5-9日)の日本株は底堅く推移しそうだ。米国のトランプ次期大統領の政策期待を背景とした米長期金利の上昇と為替のドル高・円安基調が続いており、企業業績の改善期待から買いが入りやすい。ただ指数は年初来高値圏にあり、上げ幅は限定されそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。