オバマ米大統領は中国企業によるドイツの半導体製造装置メーカー、アイクストロンの買収阻止に動く見込みだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。ホワイトハウスが米国の安全保障リスクを理由に海外の買い手による投資を拒否するのはここ4半世紀余りで3度目となる。

  詳細が非公開だとして関係者が匿名を条件に述べたところによれば、福建芯片投資基金(FGC)のドイツ子会社グランド・チップ・インベストメントへのアイクストロン売却を差し止めるべきだとする対米外国投資委員会(CFIUS)の勧告を支持するとオバマ大統領が2日に表明する見通し。FGCは6億7000万ユーロ(約815億円)の買収計画を進めていた。

  オバマ大統領は2012年に中国系企業がオレゴン州の海軍基地近くに風力発電所を開発するのを阻止しており、安全保障を理由とする外国企業の投資却下は同大統領にとって2度目となる。

原題:Obama Said Poised to Block Chinese Bid For Germany’s Aixtron (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE