J&Jに1140億円賠償義務と米陪審が認定-人工股関節めぐる訴訟

  • 不具合のリスクについて医師や患者への適切な警告を怠ったと判断
  • J&Jは「ピナクル」めぐりなお9000件近くの訴訟抱える

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が人工股関節「ピナクル」の不具合を隠していたとして患者が同社を訴えていた訴訟で、テキサス州ダラスの連邦地裁陪審は同社に10億ドル(約1140億円)余りの賠償義務があると認定した。ピナクル関連の訴訟で同社2回目の敗訴となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。