欧州連合(EU)離脱を6月の国民投票で選択した英国で、離脱反対を掲げた自由民主党の候補が1日の下院の補欠選挙で予想外の当選を果たした。離脱交渉開始のプロセスを来年早々に始めたい保守党のメイ首相の取り組みを一段と複雑にしそうだ。

  勝利したのはサラ・オルネー氏で、選出地域はロンドン南西部リッチモンド・パーク。BBC放送が伝えたもので、この地域は6月の国民投票でEU残留支持が圧倒的に多かった。今回の補欠選挙で自由民主党は英EU離脱を争点とし、2回目の国民投票を呼び掛けたほか、離脱交渉開始のためリスボン条約50条を3月末までに発動するメイ首相の計画に反対する議会投票も辞さない構えを見せた。

  事前予想では元保守党議員ザック・ゴールドスミス氏が当選するとみられていた。10月に議員を辞職した同氏は、今回は無所属で出馬した。

原題:Brexit Blow for May as Pro-EU Party Wins By-Election in London(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE