韓国の朴槿恵大統領は今週の国民向け談話で、自身の進退を国会の決定に委ねると表明し、政権移譲に向けた案をまとめるよう国会に求めた。友人による国政介入疑惑をめぐって野党は大統領の弾劾訴追を目指す姿勢を崩しておらず、週明け5日にも採決を行うことを求めている。野党が大統領の罷免に成功するには以下のステップが必要となる。

1.国会(定数300)で弾劾訴追案を発議。国会会期末は9日だが、各党が合意すれば延長は可能。

2.弾劾訴追案の発議には過半数(151)の賛成が必要。発議から24時間後に採決が可能になる。

3.弾劾訴追案の採決は発議から48時間以内に行われなければならない

4.弾劾訴追案の可決には3分の2(200)以上の賛成が必要。野党3党の議席数は計165。与党セヌリ党は128。無所属議員は7人。

5.国会で弾劾訴追案が可決されると、朴大統領は直ちに職務停止となる。憲法裁判所が弾劾の合憲性を180日以内に判断し、確定するには9人の判事のうち少なくとも6人が合憲と判断する必要がある。

6.弾劾の確定で朴大統領が罷免されれば、60日以内に大統領選が行われる。新大統領が就任するまでは首相が引き続き暫定的に国政の指揮を執る。

原題:Step By Step: What It Would Take to Impeach Korea’s President(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE