韓国大統領の弾劾手続き:罷免までには国会採決や憲法裁審理が必要

韓国の朴槿恵大統領は今週の国民向け談話で、自身の進退を国会の決定に委ねると表明し、政権移譲に向けた案をまとめるよう国会に求めた。友人による国政介入疑惑をめぐって野党は大統領の弾劾訴追を目指す姿勢を崩しておらず、週明け5日にも採決を行うことを求めている。野党が大統領の罷免に成功するには以下のステップが必要となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。