石油業界の株価、OPEC正式合意受けS&Pと異なる動き-チャート

  11月の大半の期間、ジェットコースターのような激しい変動を示した米国の石油生産・サービス会社の株価は、30日の石油輸出国機構(OPEC)による原油減産正式合意で躍進を遂げ、時価総額は810億ドル(約9兆2400億円)余り増えた。合意が危ぶまれていた過去3営業日に2.8%低下していたS&P500種エネルギー指数は30日に4.8%上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。