1日の米株式市場で半導体メーカーの株価は約5カ月ぶりの大幅下落。アップルが「iPhone(アイフォーン)7」向けの発注を減らしているとの報道を受け、米大統領選後のテクノロジー株売りが再燃した。

  フィラデルフィア半導体指数は30の構成銘柄すべてが売られて4.9%安。同指数は今週に入り5.9%下落しており、週間では約11カ月で最大の下げとなるペース。S&P500種情報技術指数は2.3%安と、9月初め以来最大の下げ。アップルは1%安の109.47ドル。デジタイムズの報道によると、アップルは売り上げの勢い鈍化を受けて発注を減らしているという。

  大型のテクノロジー株は大統領選以降、トランプ次期大統領の通商政策や規制リスク、シリコンバレーとホワイトハウスとの関係をめぐる懸念から下落している。ただ、半導体株はこれまでテクノロジー業界の中で比較的堅調で、大統領選後のリターンは11月30日時点ではテクノロジー株全体を6.7ポイント上回っていた。

  ミラー・タバクの株式ストラテジスト、マット・メイリー氏は「投資家は半導体株に神経質だったが好調が続いていたため保持していた。しかし、弱さの最初の兆候で逃げ出した。テクノロジー分野で最大のプレーヤーからのニュースだからということは言うまでもない」と分析した。
  

原題:Chipmakers Tumble Most Since June on Report Apple Cut Orders(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE