1日のブラジル株式市場では、指標のボベスパ指数は世界の主要株価指数の中で最大の下げとなった。

  ボベスパ指数は前日比3.9%安の59506.54で終了。新たな政治的混乱によって経済改革が阻害されかねないとの懸念から、通貨レアルも2.3%安の1ドル=3.4645レアルと、ブルームバーグが集計する150通貨の中で最大の下げとなった。レアルはこの下げにより、年初来で世界最高のパフォーマンス通貨の座を滑り落ちた。

  ブラジル下院が11月30日遅く反汚職関連法案に盛り込んだ複数の提案が投資家を驚かせた。法案が成立すれば、いわゆる「洗車作戦」と称される大規模な汚職捜査を担当している特別委員会が辞職も辞さずとしており、政府高官による非倫理的行動を取り締まる取り組みが後退し、社会不安につながるとの懸念が高まった。

  Icapブラジルの外為取引責任者、イタロ・アブカテル氏は「揺れに揺れた今年はまだ終わらず、次から次へと新たな爆弾が出てくる。こうした政治的緊張や主張が雰囲気を悪化させている」と語った。

  ブラジル最大の銀行、イタウ・ウニバンコ・ホールディングは4.6%安と、ボベスパ指数構成銘柄の中でも下げがきつかった。イタウが10年前に買収した銀行をめぐる税金に関する調査の一環として、同行オフィスが警察の捜索を受けた。ブラデスコ銀行は5.6%下げた。

  ただ、この日の下げを含めても、ボベスパ指数は今年これまで世界の主要株価指数の中で最高のパフォーマンスとなっている。

原題:Brazil Stocks, Real Fall Most in World on New Political Turmoil(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE