海外の金融経済・企業関連ニュースの主な項目は次の通り(日時は現地時間)。記事は◎をクリックしてください。

◎トランプ氏が勝利宣言、キヤリア工場で-米国残留求めCEOに電話

◎米週間新規失業保険申請:6月以来の高水準、4週平均はほぼ横ばい

◎米ISM製造業総合景況指数:11月は53.2に上昇、5カ月ぶり高水準

◎OPECの減産合意は始まりにすぎず-歴史が示す順守の難しさ

◎今は死ねない米富裕層、トランプ政権で相続税負担減-2.4兆円の恩恵も

◎OPEC合意、トランプ相場と米利上げを補強へ-三菱東京UFJ銀

◎米スターバックス株が4.3%安-ジョンソン氏をCEOに起用

◎円を利用したドル買い、「良い」キャリー取引-ドイツ・アセット

◎OPECの価格押し上げで米原油供給伸びる公算-IEA事務局長

◎ムニューチン氏の恩恵、バーコウィッツ氏のファンドが著しい好成績

◎ブルームバーグ氏:トランプ氏と11月28日に電話会談し、祝辞を述べた

◎オランド仏大統領、来年の選挙で再選目指さず-「野心より国益優先」

◎米自動車販売:11月は総じて予想を上回る、年末商戦の販促奏功

◎カーニバルのプリンセス、罰金4000万ドル支払いへ-米司法省

◎キャタピラー:ファーストコールの17年予想3.25ドルは「楽観的過ぎる」

◎アップルのサプライヤー、株価が大幅安-半導体株は軒並み下落

◎米キヤリア:インディアナ州の雇用維持で700万ドル税控除-WSJ

◎ポンド急伸、離脱後もEU単一市場にアクセス可能の観測-当局者発言で

◎英銀RBS、投資銀行事業で追加縮小の公算-ストレステスト不合格で

◎メキシコ中銀のカルステンス総裁、BISトップ就任へ-ミード財務相

◎ダラス連銀総裁:FOMCはドルを注視する必要、利上げに際し

◎ダラス連銀総裁:労働市場のたるみ、考えられているより少ない公算

◎タイのワチラロンコン皇太子が国王に即位

◎ダラス連銀総裁:米経済は完全雇用に向かっている-インフレは2%へ

◎米建設支出:10月は前月比0.5%増-市場予想0.6%増

◎米国の11月製造業PMIは54.1-速報53.9

◎ブルームバーグ米消費者信頼感指数、44.9に上昇-11月27日終了週

◎ゴールドマン、中南米事業の収入が昨年の1.5倍-記録的な一年に

◎マースクライン、独海運ハンブルク・スド買収で合意

◎ダラー・ゼネラル:通期1株利益の伸び率、長期レンジの下限見込む

◎米銀シチズンズ、来年から「ロボアドバイザー」サービスを提供へ

◎トランプ氏、ゴールドマン社長のOMB局長への起用検討-ポリティコ

◎クレディ・スイス:ロンドンで今週175人削減、投資家デー前に-関係者

◎米パーカー・ハネフィン、クラーコア買収へ-現金で1株83ドル

◎イタリア:上向きの経済指標がレンツィ首相を援護射撃-国民投票控え

◎サウジアラビアに大規模なサイバー攻撃、空港当局のPC数千台を破壊

◎米アップル:マップ作成調査でドローン活用、機能も改善へ-関係者

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE