1日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落。2日の米雇用統計や4日のイタリア国民投票を控えてドルの買い持ちを減らす動きになり、前日の上昇の大半を失った。

  ドルは主要10通貨の大半に対して下落。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%下げた。

  マークイット・エコノミクスが発表した11月の米製造業購買担当者指数(PMI)改定値と、米供給管理協会(ISM)の11月製造業総合景況指数はともに予想を上回った。週間新規失業保険申請件数は予想以上に増加した。市場の注目はなお雇用統計の非農業部門雇用者数に集まっているものの、米金融当局の見解を大きく変えることはないとみられている。

  英国が欧州連合(EU)離脱後も単一市場へのアクセスで優遇が受けられるとの観測から、ポンドは大幅高となったが、米10年債利回りの上昇を受けて伸び悩んだ。

  ニューヨーク時間午後3時49分現在、ドルは対円で前日比0.3%下げて1ドル=114円10銭。対ユーロでは0.6%安い1ユーロ=1.0652ドル。ポンドはドルに対して0.6%高の1ポンド=1.2581ドル。

原題:Pound Jumps Amid Speculation U.K. Can Reach Single-Market Deal(抜粋)
INSIDE G-10: USD Drops, Positions Trimmed Before NFP; Yields Up(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE