ファンドマネジャーのブルース・バーコウィッツ氏のファンドは11月に目覚ましい成績を挙げた。スティーブ・ムニューチン氏の発言が背景にある。

  バーコウィッツ氏が運用するフェアホルム・ファンド(運用資産29億ドル=約3300億円)は11月30日に11%上昇。トランプ次期米大統領が財務長官への起用を決めたスティーブ・ムニューチン氏が同日、ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)は政府管理下から脱するべきだとの見解を示したことが背景にある。ムニューチン氏の発言を受けてファニーメイとフレディマックの株価は急伸し、フェアホルム・ファンドの11月全体のリターンを29%に押し上げた。

  ブルームバーグがまとめたデータによればこれは、3800余りある米株式ファンドの中で最高の月間パフォーマンスとなる。バーコウィッツ氏は大統領選でトランプ氏を支持した。バーコウィッツ氏の会社は、ファニーメイとフレディマックの優先株の両方で最大株主となっている。ムニューチン氏は、次期政権が両社を政府管理下から「かなり迅速」に脱却させるとの見通しを示した。

原題:Berkowitz’s Fund Soars in November Thanks to Steve Mnuchin (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE