イングランド銀行(英中央銀行)のストレステスト(健全性審査)で不合格となったロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は、資本強化のために投資銀行部門とアイルランド事業で一段の縮小を進める見込みだ。

  ロヒス・チャンドララジャン氏が率いるバークレイズのアナリストらは1日のリポートで、RBSがリスク加重資産をさらに440億ポンド(約6兆3300億円)圧縮する必要があると試算した。UBSグループはRBSが法人・機関投資家向け銀行部門とアイルランドのリテール部門であるアルスター銀行で、コスト削減策を講じるだろうとみている。

  11月30日に公表された今年のストレステスト結果でRBSは不合格となり、一段の資本強化措置を取ることで当局と合意している。

  
原題:RBS Seen Ready to Deepen Investment Bank Cuts After Test Failure(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE