JERA会長:LNG売買契約の仕向け地制限緩和は全体に恩恵

  • 仕向け地条項の撤廃には代償が伴うというのは非論理的
  • シェルやBPなど売り手は柔軟性はただでは得られないと主張

東京電力フュエル&パワーと中部電力が共同で出資した火力発電燃料調達会社のJERAは、液化天然ガス(LNG)の売り手が第三者への転売を制限するために買い手との間の契約に課している「仕向け地条項」の緩和や撤廃は、売り手を含めた業界全体に恩恵があるとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: