米銀シチズンズ・フィナンシャル・グループは来年、ロボット助言プラットフォームの提供を開始する。英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)からスピンオフ(分離・独立)して誕生したシチズンズは、ウェルスマネジメント事業を展開している。

  シチズンズが1日発表した資料によれば、オンラインや携帯端末を通じた同行の「ロボアドバイザー」サービスが、この分野を手掛けるシグフィグとの提携で利用できるようになる。

  シチズンズのウェルスマネジメント部門のジョン・バーンケン社長は資料で、シグフィグとの提携により退職に備えた貯蓄のさまざまな段階にある顧客に資産運用サービスを提供することが可能になると説明した。

原題:Citizens Financial to Start Robo-Advisory Platform With SigFig(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE