ゴールドマン・サックス・グループで大中華圏部門の会長を務めた胡祖六氏は中国経済について、起業家がヘルスケアや教育、金融サービスなどの業界に進出するのを妨げている障害を迅速に除去しなければ停滞するリスクがあると述べた。

  北京に本社を置く投資会社プリマベーラ・キャピタル・グループの創業者兼会長である胡氏は、金融や年金、国有企業改革に関して中国中央政府に助言を行っている。

  ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで同氏は「経済改革ペースが緩慢で、期待とは程遠い。中国は新たなビジネス設立を妨げている時代遅れの規制や政策を撤廃すべきだ」と発言。「迅速かつ大胆な改革ができない場合、成長の勢いが失われ、経済がゆっくりと落ち込んで停滞し、中所得国のわなにはまる悲惨な結果を招く」と語った。

原題:Former Goldman Dealmaker Hu Says China Risks Economic Stagnation(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE