ドル・円が2月来高値、OPEC減産合意でリスク選好-一時115円接近

更新日時
  • 2月16日以来の高値114円83銭を付けた後は、ドル高・円安が一服
  • モメンタムだけで115円乗せを達成する可能性も-ソシエテ

1日の東京外国為替市場ではドル・円相場が一時9カ月半ぶり高値まで上昇し、1ドル=115円に接近した。前日の石油輸出国機構(OPEC)の減産合意や良好な米経済指標を受け、リスク選好の動きが先行。その後は週末に米雇用統計やイタリア国民投票を控えて、ドル高・円安が一服した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。