ドイツ政府は銀行ボーナスをめぐる議論の矛先を、ドイツ銀行のヨゼフ・アッカーマン元最高経営責任者(CEO)に向けつつある。総選挙を来年に控えたメルケル首相率いる連立政権は、独最大の銀行の過去から距離を置こうとしている。

アッカーマン氏(ベルリンで)
アッカーマン氏(ベルリンで)
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

  ドイツ銀が住宅ローン担保証券に関連する米政府の調査に直面する中で独政権内で発せられているアッカ-マン氏への批判は、ジョン・クライアン現CEOが目指している人員削減や中核的な銀行業へのシフトを含む行内改革を政権として後押ししているシグナルだ。

  独政策当局者はドイツ銀の古いビジネスモデルとその行き過ぎとされる問題をアッカ-マン氏(68)と結び付けており、同行幹部にボーナスの返還を求めるべきかどうかという問題を提起した。同氏は2002年のCEO就任後、ドイツ銀を世界的な投資銀行に築き上げることに寄与したが、同行の構造を複雑にし短期的利益を優先させたと指摘されている。12年にCEOを退任した。

  メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)陣営のラルフ・ブリンクハウス院内副総務はインタビューで、「銀行に打撃を与えた人物が、その上に報酬を望んでいるのは喜ばしい状況ではない」と述べた。

  CDUと連立政権を組むキリスト教社会同盟(CSU)で財政問題を担当するカールシュテン・シュナイダー議員は、「ボーナスは業績に基づく報酬」であり、「悪い業績であれば、取り戻されなければならない」と語った。

  アッカーマン元CEOはベルリンで11月に開かれた南ドイツ新聞主催の会合で「ボーナスの払い戻しは全くお話にならない。その法的な根拠が全くない」と発言。「むしろ問題はまだ支払われていない部分が支払われるのか、ドイツ銀行に預けられたままになるのかという点だ」と語った。

公の議論

  独DPA通信によると、ショイブレ独財務相はボーナスの辞退に消極的な銀行幹部を批判。すると、ドイツ銀のボーナス問題を公に議論するつもりかとアッカ-マン氏が逆に批判したという。これにショイブレ財務相は、反論してもらって「別に構わない」と受け流した。

  シュツットガルト近郊にあるホーエンハイム大学のハンスペーター・ブルクホフ教授(財政学)は「アッカ-マン氏が築いたビジネスモデルを支持していないことを政府は示したい。ショイブレ財務相の批判は、独政府がアッカ-マン氏の時代から距離を置いていることを示唆している」と指摘した。
  

原題:Merkel Coalition Targets Deutsche Bank’s Ex-CEO in Bonus Feud(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE