銀行ボーナスめぐる問題、独政権の標的は元ドイツ銀のアッカーマン氏

  • 業績が悪ければボーナスを取り戻す必要-与党のシュナイダー議員
  • 独財務相はボーナスを辞退することに消極的な幹部を批判

ドイツ政府は銀行ボーナスをめぐる議論の矛先を、ドイツ銀行のヨゼフ・アッカーマン元最高経営責任者(CEO)に向けつつある。総選挙を来年に控えたメルケル首相率いる連立政権は、独最大の銀行の過去から距離を置こうとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。