コンテンツにスキップする

NY外為:ドルが対円で8カ月ぶり高値-持ち高調整観測が外れる

更新日時

30日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。対円では8カ月ぶりの高値を付けた。資産運用会社によるポートフォリオ調整で幅広いドル売りが出るとの予測に反し、ロンドン市場の値決めにかけてドル買いが膨らんだ。

  米10年債利回りが2.40%を上回ったこともドルの支援材料となった。給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが発表した給与名簿に基づく集計調査によると、11月の米民間部門の雇用者数は21万6000人増加と、ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値17万人増を上回った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比1.9%上げて1ドル=114円46銭。一時は114円54銭と、3月上旬以来の高値を付けた。対ユーロでは0.6%高い1ユーロ=1.0589ドル。

  月間ではドルは対円で約9.1%上昇し、1995年以来の大幅高となった。米国債利回りの上昇がドルの魅力を高めている。

  12月の利上げ観測と、トランプ次期大統領の財政支出拡大がインフレを煽(あお)るとの観測からドルは上昇した。この日は民間雇用者数だけでなく、個人所得が予想を上回ったことも利上げ観測を強めた。

Dollar Climbs

  SEB(ストックホルム)のストラテジスト、リチャード・フォルケンホール氏は「大統領選以降の米国債利回り上昇が続くならば、円は下落を続ける可能性がある」と述べた。ドルはただ、115円に近づけば、伸び悩む可能性があるとの見方を示した。

  トランプ次期米大統領がゴールドマン・サックス・グループ出身のスティーブン・ムニューチン氏を財務長官に起用すると発表したことも、ドル上昇に寄与した。

  米10年債利回りは年初来の高水準近くにある。ドイツ債との利回り差は終値ベースで記録の残る1990年以降で最大に広がっている。

  ドルは広範にわたって上昇している。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は今月3.9%上昇。先週には記録がある2004年以降での最高を記録した。

原題:Dollar Surges Against Yen for Biggest Monthly Gain Since 1995(抜粋)
INSIDE G-10: JPY Drops Nearly 2%; Rebalancing Traps USD Shorts(抜粋)

(第4段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE