30日のインド株式相場は月間ベースで下落。高額紙幣廃止が経済に及ぼす影響や米利上げ動向を見極めようとする動きから、指標のS&P・BSEセンセックスは11月としては2011年以来の大幅安となった。

  通貨ルピーも軟調で、先週は過去最安値を記録。トランプ次期米大統領がリフレ政策を取るとの観測から、新興市場資産が売りを浴びた。

  センセックスは前月末比4.6%安の26652.81で終了。月間ベースでは2月以来の大きな下げとなった。自動車関連銘柄や消費財銘柄の下げが目立った。前日比では1%値上がりした。

  ルピーは1ドル=68.3875ルピー。月初来では2.4%の値下がりで、これは10カ月ぶりの大幅安。24日には68.8650ルピーまで売り込まれた。

原題:Modi Cash Ban Ushers Worst November Since 2011 for Rupee, Stocks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE