コンテンツにスキップする

サウジ、政府系ファンドに3兆円注入-投資加速へ資金力増強

サウジアラビアは政府系ファンド(SWF)の資金力を増強する。投資実行を加速させ、国内経済の石油依存を減らす狙いがある。

  国営サウジ通信(SPA)を通じた30日の発表によると、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は公庫から1000億リヤル(約3兆円)を受け取り、資産が約17%拡大する。この資金注入でPIFの投資や収入の多様化が後押しされることになるという。

  全体に占める外国投資の比率を現在の5%から2020年に50%まで引き上げることを目指すPIFは、今年に入り投資を加速。35億ドル(約1050億円)を投じて配車アプリの米ウーバー・テクノロジーズの株式を取得したほか、ソフトバンクが設立したグローバル・テクノロジー・ファンドに最大で450億ドルの出資を計画している。

細る外貨準備

原題:Saudi Arabia Boosts Wealth Fund With $27 Billion Injection (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE