コンテンツにスキップする

ドイツ:11月の失業者は前月比5000人減、失業率6%-成長加速の兆し

ドイツでは11月も失業者数が減少した。年末に向けて景気は加速しそうな様子だ。

  ドイツ連邦雇用庁が30日発表した11月の雇用統計によると、失業者数は季節調整済みで前月比5000人減の265万8000人となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査とも一致した。失業率は6%で、前月と同じく東西ドイツ統一以降の最低を記録した。

  ドイツ連邦銀行(中央銀行)は月報で、10ー12月(第4四半期)の国内経済について、7-9月(第3四半期)に一時的に減速したが、再び「大きく」伸びる公算が大きいと指摘した。失業者は2009年以降、減少トレンドにある。

原題:German Joblessness Extends Decline as Growth Seen Picking Up(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE