コンテンツにスキップする

英中銀:EU離脱選択後の商業用不動産値下がり、銀行安定への脅威に

欧州連合(EU)離脱を決めた英国民投票後の商業用不動産値下がりが銀行の安定性に対する脅威となっている。イングランド銀行(英中央銀行)が報告書で指摘した。同市場の外資依存をその理由として挙げた。

  イングランド銀が年2回行う評価によれば、商業用不動産の価格は国民投票以後に2.6%下げ、さらに下落する可能性がある。多くの企業が商業用不動産を担保として利用しているため、値下がりが続けば企業の資金調達に影響が及ぶ恐れがある。

  7-9月(第3四半期)における英商業用不動産の取引額は前年を27%を下回ったとイングランド銀は説明。新規開発を含め、市場の高リスク分野で流動性が低下しているとも記した。

原題:Banks at Risk From Post-Brexit Property Turbulence, BOE Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE