コンテンツにスキップする

RBS、英中銀のストレステストで不合格-資本計画修正

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットラン ド・グループ(RBS)はイングランド銀行(英中央銀行)のストレス テスト(健全性審査)で複数の項目について不合格となり、資本増強計 画を強化した。中銀の健全性監督機構(PRA)が30日発表した。

PRAによると、バークレイズとスタンダードチャータードも幾つ かの点で「資本が不十分」と判断された。ただ、両行は資本計画の再提 出を義務付けられていない。今年のストレステストでは、これまでで最 も厳しい基準が採用された。

ストレステストの対象となったのはこのほか、HSBCホールディ ングス、ロイズ・バンキング・グループとサンタンデール銀行の英部 門、ネーションワイド・ビルディング・ソサエティ。全ての銀行はリス ク加重資産に対する自己資本比率4.5%を求められ、逆境シナリオでの それぞれの銀行に固有のリスクに基づく要件が上乗せされた。

PRAによると「RBSはストレステストの過程における自社の評 価に基づき既に資本計画を修正」し、PRA理事会はこれを承認した。

全体としては、英銀行システムには「重度かつ広範、同時多発的な ストレスのシナリオ下でも実体経済を支えるのに十分な資本がある」と 中銀は判断した。

原題:RBS Fails Toughest-Ever BOE Stress Test, Boosts Capital Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE