コンテンツにスキップする

最もホットなコモディティは発電所従業員-東欧で技術職の人材難深刻

  • 技術職の人材難を解消するため、CEZは採用を増やす必要
  • エネルギー業界では電気技師や機械操作者、エンジニアが不足

動画共有サイト「ユーチューブ」に投稿された1分間のビデオには、高圧送電線の鉄塔を上る時や上空のヘリコプターから見える景色、腰の高さまで積もった雪をかき分けて歩く時に目に映る風景が、大音量の音楽に乗って映し出される。

  このビデオは、ジェームズ・ボンドが主人公の映画「007」シリーズの新作などではない。中欧最大の電力会社、チェコのチェコ電力(CEZ)が人材難を解消するために取り組んでいる試みの一つだ。映像の大半は実際に同社の従業員が体にカメラを装着して撮影したもので、学生や若い労働者を対象に技術職は面白く刺激的で、報酬も高いことを売り込もうとしている。

  東欧全域の労働市場の逼迫(ひっぱく)は深刻化しており、CEZやポーランドのPGE、ハンガリーのMOLも人材難に苦しんでいる。これらの国々の労働者は依然、より高い賃金を求めて西欧に移っていくため、共産主義後の経済拡大に伴い、製造業やソフトウエアなどあらゆる業種で労働者の争奪戦が繰り広げられている。
  
  CEZの戦略的採用担当責任者、パベル・プフ氏はプラハでのインタビューで「電気技師や機械操作者、エンジニアが不足している。重大な問題だ。若者たちはエネルギー業界を将来性のあるセクターと見なしていない」と説明する。

  そうしたイメージを払拭(ふっしょく)するため、各社は、卒業前の有望な学生の採用を目指し技術系の学校や大学のプログラムに資金を援助。訓練のほか、魅力的な福利厚生と共に魅力的な賃金パッケージも提供している。

原題:Hottest East Europe Energy Commodity Are Power Plant Workers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE