コンテンツにスキップする

中国の商品トレーダーの影響力、世界にとどろく-個人やファンド

  • 金属価格上昇はヘッジファンドの取引に関連との見方
  • 株式や不動産の代替として商品市場に資金が流入

中国の投機家らの投資意欲にスイッチが入り、世界の商品市場に多額の資金を投資している。

  中国の取引所では今年2回目となる取引急増で亜鉛や石炭などあらゆる商品の価格が数年ぶりの高値を付けており、当局ははじける前にバブルを抑制しようと躍起になっている。取引過熱がロンドンとニューヨークの市場にも拡大する中、金属ブローカーらは今月先に、この状況をパニックと表現。価格は大幅に変動し、収まる兆しを見せていない。

  市場のファンダメンタルズ(需給関係)にほとんど関心を示さない中国の個人投資家は、群れを成して計数十億元を商品市場に投じているが、資金力のある中国のヘッジファンドからさらに多くの資金が流入すると、ブローカーやトレーダーらはみている。株式と不動産市場が軟化する中、アルゴリズムを採用するこれらヘッジファンドは、ロンドンやニューヨーク市場で取引が活発となるアジア時間の夜遅くまでトレーディングを続け、商品投資でより高いリターンを上げることを目指している。

  これらのファンドの幾つかを顧客とするブローカーのBANDSファイナンシャルのマネジングパートナー、タイガー・シー氏は「価格動向と世界の取引高の増加が中国人投資家によってけん引されていることは間違いない」と指摘。「欧米のヘッジファンドや機関投資家は何が起こっているのか分かっていない。これらの投資家はマクロ要因や米金融当局の政策に基づくトレーディングに慣れていたが、今では利点が少ないことに気付いている」と述べた。

銅市場が活況

  ジェフリーズ・グループとニューエッジ・ファイナンシャルでアジアの金属担当責任者を務めた経験のあるシー氏は、中国には商品に投資しているヘッジファンドが5000本余りある可能性があると指摘。そのうち少なくとも10本の運用資産は100億元(約1640億円)を超えるとの見方を示した。
  
原題:The Year the World Felt the Might of China’s Commodity Traders(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE