コンテンツにスキップする

アマゾン、スクリーン付きの音声認識スピーカー端末を開発中-関係者

  • 「エコー」に似た上位機種を来年初めにも発表する可能性
  • 新型端末はキッチンでの使用を想定-価格はエコー上回る見込み

アマゾン・ドット・コムは音声認識機能付きスピーカー端末「エコー」に似たスクリーン付き上位機種の開発を進めている。音声制御機能を備えた家庭用機器の予想以上の成功を活用してグーグルやアップルの攻勢をかわすことを目指している。

  未発表を理由に匿名で語った関係者2人によると、主に音声アシスタント機能「アレクサ」経由で制御される円筒状の従来製品と大きく異なるのは、新端末が約7インチ(約18センチ)のタッチスクリーンを備える点だ。天気予報やカレンダーの予定、ニュースなどのコンテンツにアクセスしやすくなるという。

  関係者の1人によれば、新端末は従来製品よりサイズが大きく、カウンターに置いてユーザーが立った姿勢で見やすいよう上に傾く仕組みとなる。高性能スピーカーを備えることで音質が現在のエコー端末より大幅に改善される。新端末は2017年1-3月(第1四半期)にも発表される予定という。

  同社はエコーに加え、「ドット」「タップ」の販売を継続する方針だと関係者の1人は話した。これらスピーカー端末は通常、居間や寝室に置かれる。別の関係者によると、現在の価格はそれぞれ50、130、180ドル(約5600、1万4600、2万200円)だが、スクリーン付きの新モデルはそれより高い価格設定になる見込みだという。

  アマゾンはコメントを控えた。

原題:Amazon Said to Plan Premium Alexa Speaker With Large Screen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE