コンテンツにスキップする

LME金属軒並み下落、中国が取引抑制策-銅は1年ぶり高値から反落

29日のロンドン金属取引所(LME)の工業用金属相場は下落。中国が商品の取引加熱を抑制する措置を講じている兆しが示された。ただ、このままいけば月間ベースでは4年ぶりの大幅上昇となる。

  上海先物取引所と大連商品取引所は、今月に価格上昇を加速させた取引加熱に歯止めをかけるため証拠金や手数料を引き上げており、さらに追加措置を講じることも見込まれるとシティグループのアナリストらが指摘した。

  銅は約1年ぶりの高値から反落。LMEで取引される全ての主要工業用金属が軒並み下落した。 LMEの銅相場(3カ月物)は前日比3%安の1トン=5705ドルと、7営業日ぶりに下げて終了した。

原題:Metals Pare Best Rally Since 2012 as China Curbs Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE