コンテンツにスキップする

トランプ氏、ゴールドマンのコーン社長と会談-ロムニー氏とも

更新日時
  • トランプ氏はコーン氏が果たし得る役割を補佐役と議論-関係者
  • 国務長官候補の1人であるロムニー氏とトランプ氏は夕食を共にする

トランプ次期米大統領は29日、ゴールドマン・サックス・グループのゲーリー・コーン社長およびミット・ロムニー元マサチューセッツ州知事と会談する。トランプ氏と政権移行チームは次期政権の重要ポストの人選を進めている。

  コーン氏は同日午後、トランプ氏とペンス次期米副大統領との会談のため、マンハッタンのトランプタワーに到着した。トランプ氏はその後、国務長官候補の1人であるロムニー氏と夕食を共にする予定。トランプ氏はこれに先立ち、同じく国務長官候補のボブ・コーカー上院議員(テネシー州)とも会談した。

  政権移行チームのスポークスマン、ショーン・スパイサー氏は、トランプ氏がコーン氏との会談で何を話すのかや、政権幹部の候補なのかどうかについて明言を避けた。しかし政権移行プランに詳しい関係者の1人は、トランプ氏と補佐役らはコーン氏が果たし得る役割について依然議論しており、財務省ないし行政管理予算局(OMB)のポストなどに起用される可能性があると述べた。同関係者が内部情報を理由に匿名で明らかにしたところでは、連邦準備制度のポストも検討される可能性があるという。
  
  閣僚候補の絞り込みを進めているトランプ氏は29日、医療保険制度改革法(オバマケア)反対の旗振り役を務めてきたトム・プライス下院議員(共和、ジョージア州)を厚生長官に起用すると表明した。また運輸長官には元労働長官のイレーン・チャオ氏の起用を決めた。

原題:Trump Meets With Goldman’s Cohn as Dinner Set With Critic Romney(抜粋)

(3段落目以降にコーン氏をめぐる情報などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE