コンテンツにスキップする

米主要20都市住宅価格指数:9月は前年比5.1%上昇-堅調な伸び継続

9月の米主要20都市の住宅価格指数は前月に続いて上昇し、全米ベースでの指数はリセッション(景気後退)前のピークを上回った。S&P・コアロジック/ケース・シラーが29日発表した。

  米20都市住宅価格指数(前月比を除き季節調整前)は9月に前年比5.1%上昇。ブルームバーグがまとめた市場予想の中央値は5.2%上昇だった。前月も5.1%上昇。

  全米ベースの価格指数は前年比5.5%上昇して184.8と、統計開始以降で最高となった。従来の最高値は2006年に付けた184.6。

  S&Pの指数委員会のデービッド・ブリッツァー委員長は発表資料で、「全米ベースの指数が記録した新たなピークは、住宅市場が回復期を経て、待望の新たな前進へとシフトしたことを示すものと捉えられるだろう」と指摘。「他の住宅関連指標も前向きなシグナルを発している」と続けた。

  住宅価格指数は20都市全てで前年比で上昇。上昇率が最も大きかったのはシアトルで11%。オレゴン州ポートランドでは10.9%伸びた。上昇率が最も小さかったのはニューヨークで1.8%。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Home Prices in 20 U.S. Cities Climbed 5.1% in September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE