コンテンツにスキップする

スウェーデン:7-9月GDPの拡大減速-中銀はさらなる鈍化見込む

スウェーデン経済は7-9月(第3四半期)に拡大ペースが減速した。北欧最大の経済規模を誇る同国では、昨年のピークから成長鈍化が続いている。

  スウェーデン統計局が29日発表した7-9月期国内総生産(GDP)は前期比0.5%増、前年同期比では2.8%増となった。アナリスト調査では0.5%増と3.1%増がそれぞれ見込まれていた。

  移民数の記録的な増加が消費を喚起し、昨年の同国経済は活況だった。また、スウェーデン中央銀行が政策金利をゼロ以下に引き下げ、量的緩和も実施するなど超緩和的な政策を打ち出した。

  同中銀は今年の成長率が3.3%と、前年の4.1%から減速し、17年にはより「正常な」2%前後になると予想している。

原題:Sweden’s Economy Slows as Investments Stall in Third Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE