コンテンツにスキップする

イタリアのレンツィ首相、国民投票で改憲可決でも辞任の公算-現地紙

イタリアのレンツィ首相は12月4日の国民投票で憲法改正が可決されても辞任することを検討していると、コリエレ・デラ・セラなどの同国紙が29日報じた。情報源は示していない。

  その場合レンツィ首相は、議会でより幅広い多数派に支持される新政権樹立のため首相再指名を目指す。内閣を改造するほか、来年または2018年の総選挙を前に新選挙法を成立させる。コリエレが伝えた。

  レンツィ首相は政府が推進する憲法改正が否決されれば辞任する意向を重ねて示唆してきたが、可決の場合の去就に言及したのはこれが初めて。

  レンツィ首相の報道官に電話取材を試みたがコメントは得られていない。

原題:Italy’s Renzi May Resign Even If He Wins Vote, Corriere Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE