ブラジルのサッカー選手ら乗せた航空機、コロンビアで墜落-75人死亡

更新日時

コロンビアの墜落現場でのラミア航空の救出隊(11月29日)

Photographer: Raul Arboleda/AFP via Getty Images
Photographer: Raul Arboleda/AFP via Getty Images

ブラジルのプロサッカーチーム、シャペコエンセの選手らを含む乗客・乗員81人を乗せた航空機が28日、コロンビアで2番目に大きい空港近くに墜落した。現地報道によると少なくとも75人が死亡したが、生存者もいるもようだ。

  チャーター便のラミアCP2933便はコパ・スダメリカーナ決勝の第1戦のアトレチコ・ナシオナル戦のためメデジンに向かっていた。ツイッターへの投稿によると、ブラジルのテメル大統領は3日間、国を挙げて喪に服すと宣言した。

  コロンビア当局などによると、生存者にはディフェンダーのアラン・ルシェウ選手など3人の選手と乗員2人、報道関係者1人が含まれる。

原題:Airplane Transporting Brazilian Soccer Team Crashes in Colombia(抜粋)
Plane Crash With Brazilian Soccer Team Leaves 75 Dead (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE